最近の記事

  1. ぜんざい

    ぜんざいの作り方~2023年の鏡開きに「ぜんざい」、夏は「冷やしぜんざい」

    2022年の鏡開きは1月11日です。鏡開きのお餅でぜんざいを作りませんか?砂糖の量は一般的な量でご紹介していますが、お好みで増減させてください。我が家のぜんざいは、かなり砂糖を控えて作っています。

  2. 七草粥

    七草粥の作り方~土鍋での作り方、炊飯器での作り方。2023年の健康祈願

    新春の1月7日の朝に春の七草をお粥にして食べると「邪気を祓い、万病を除く」という言い伝えがあります。七草粥(ななくさがゆ)を土鍋で炊く方法と炊飯器で炊く方法をご案内します。

  3. かつお菜

    かつお菜のゆで方・下ごしらえ~博多雑煮やおひたしに!

    福岡では、お雑煮の青菜に「かつお菜」という野菜を使います。漢字では「勝男菜」で、縁起が良いということでお正月の博多雑煮に添えます。かつお菜のゆで方・下ごしらえの方法です。

  4. 柚子

    柚子:皮は薬味、果汁は風味付け、種は美肌化粧水、丸ごと湯船に入れてゆず湯に

    皮は刻んで薬味に、果汁は絞って風味付けに使います。種は日本酒や焼酎に漬け込むことで美肌化粧水になります。冬至に湯船に柚子を浮かべた「ゆず湯」で身体を温めましょう。無駄なく使える柚子についてご案内します。

  5. 雑煮の作り方

    博多風雑煮の作り方~かつお菜を添えて

    我が家の「いりこ・昆布・干し椎茸・かつお節・鶏肉」のダシで作る博多風雑煮をご紹介します。かつお菜を添えて。

  6. 慈姑(くわい)

    慈姑(くわい)の下ごしらえ(あく抜き)と慈姑の含め煮の作り方

    お正月のおせち料理に入っている縁起物の料理「慈姑の含め煮」。「慈姑」のあく抜き・下ごしらえの方と慈姑の含め煮の作り方レシピです。

  1. 醤油の種類と違いと使い分け~薄口醤油・濃口醤油・甘口醤油など
  2. 芋きんとんの作り方~安納芋で作る栗なし芋きんとん
  3. 土鍋の使い始めと取り扱い方~お粥で目止め、ひび割れ防止と臭い消し
  4. 栗の皮(鬼皮・渋皮)のむき方とあく抜き。包丁・熱湯・ボウルでOK!

スポンサードリンク



お役立ち記事

パンプキンスープ

かぼちゃのスープの作り方~ミキサー・裏ごし、玉ねぎなしの簡単レシピ

パンプキンスープ(かぼちゃのスープ)の作り方レシピです。面倒な裏ごしなし、玉ねぎなしで、かぼちゃの食感があるスープです。

おすすめ記事

:

2023年お正月料理・おせち料理特集

ようこそ!


ようこそ!
『下ごしらえ辞典』
~料理の下ごしらえと基本とコツ~へ

iPhoneアプリ「フード/ドリンク」無料カテゴリで発表2日で4位、無料アプリ総合ランキング最高135位!の『下ごしらえ辞典』がサイトになりました。

アプリよりも種類を多く増やして行きます。

スマホがあれば、どこでも簡単に調べれるようにわかりやすく紹介していきますのでよろしくお願いします。

ピックアップ記事

蓮根の下ごしらえ

れんこんの下ごしらえ(アク抜き、色止め)

れんこんの穴は「見通しがきく」縁起の良い野菜とされて、お正月やお祝い料理などに使われてきました。蓮根の下ごしらえ(あく抜き・色止め)の方法です。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

まとめサイトや知恵袋等でご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。


たまごの事典たまごの事典
~たまご料理の基本レシピとコツ~

知っているようで知らないタマゴの事。
卵料理の用語説明や基本の卵料理など、美味しいタマゴ料理のための知恵がいっぱい!


梅のあれこれノート

小梅のカリカリ醤油漬け、梅干し、白梅干し、梅酒、梅味噌ドレッシングなどの梅レシピや梅を使った美容と健康法、梅のお菓子などあれこれ紹介しています。

ページ上部へ戻る
Translate »