はまぐり(蛤)の砂出しの方法とコツ


スポンサードリンク
はまぐり

ハマグリ(はまぐり・蛤)は二枚の殻がぴたりと重なることから「夫婦和合」の意味で縁起が良いと言われています。
3月3日のひな祭りに食べると「良縁」を招くと言われて、潮汁にしてお膳に出されます。

お吸い物(潮汁)、酒蒸し、焼きハマグリにしても。

ハマグリ(蛤)を美味しく食べるための砂出しの方法です。

ハマグリの旬

はまぐりの旬

ハマグリは2~4月が旬です。

 

ハマグリの砂出し

はまぐりの砂出し

  1. 海水と同程度の塩水(水500ccに塩大さじ1の割合)を用意します。
  2. トレーに網を置き、網の上にハマグリが重ならないように置き、1で用意した塩水をハマグリがひたひたになる程度入れます。
  3. 暗いところ(できれば真っ暗なとこにろ)1時間ほど置きます。

長く置きすぎても弱ったり、死んでしまったりします。

水温が低すぎると冬眠状態になり、動かず砂を吐かないので冷蔵庫には入れません。
15~20度くらいが活発に動くようですが、温度が高すぎると死んで腐ってしまうこともあります。

 

貝類の砂出しのコツ

食べた時にジャリっとするととても残念な気分になるので、しっかり砂出しはしておきましょう。

はまぐり以外にも使える貝類の砂出しのコツです。↓

貝類の砂出しのコツその1

平らなトレーの上に網を置いてその上に貝(はまぐり)を置くと、吐いた砂が下に落ちて、貝(はまぐり)が再びその砂を取り込みません。

貝類の砂出しのコツその2

もともと砂の中に生息しているので、真っ暗なところのほうが砂を履きやすいです。



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »