魚のウロコの取り方


スポンサードリンク
魚のうろこ

魚を一尾丸ごと料理するときのウロコ取りのこつです。

魚のウロコ取り


貝印 クックファイルCFステンレスうろこ取り
魚のウロコを取るオーソドックスな方法は、包丁の背でこそげ落とす、又は、ウロコ取りを使う・・・ですが、上手に使いこなせないと、あちこちにウロコが飛び散って後始末が面倒です。

飛び散ったウロコが残っていたら生臭いニオイが残ってしまいます。

オススメなのが、大根のしっぽを利用する方法です。

大根の尻尾の部分(大根の先の方、捨てる部分)を斜めに切って、切り口を魚に当てて、尾から頭に向けて擦るようにします。

ウロコが大根に刺さって綺麗に取れて、包丁でこそぐよりウロコが飛び散りません。

 

おすすめのウロコ取りの道具

楽天に使いやすいウロコ取りがありましたのでご紹介します。


KAI/貝印 DH-3016 SELECT100 うろこ取り (W刃)
◆ショップ:ムラウチ

  • 汚れもつきにくく、洗いやすいステンレス一体成形です。
  • ワンタッチで着脱できる、うろこの飛び散りにくいカバー付です。
  • 大きなうろこも、先端部分のギザ刃でヒレ近くなど細かい部分のうろこもきれいに取れます。

持っておくと大根のしっぽが無いときに便利です。




関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »