金柑の甘露煮の作り方。焼酎で煮る日持ちするレシピ


スポンサードリンク
金管の焼酎煮

喉に良いといわれる金柑(きんかん)。

金柑の焼酎煮は冷蔵庫に入れて置けば1年くらいは保存できるので、金柑(きんかん)が安く購入できるときに1年分作っています。

焼酎(ホワイトリカー35度)を使いますが、じっくり煮るのでアルコール分は蒸発しますので、子供も食べられます。

作り方はとっても簡単です。

金柑の焼酎煮(甘露煮)の材料と道具

  • 金柑(きんかん)  500g
  • ホワイトリカー(35度) 2カップ
  • 砂糖   240~260g
  • ホーロー鍋またはステンレス鍋
  • 紙の落しぶた

 

金柑の焼酎煮(甘露煮)の作り方

  1. 金柑(きんかん)を洗い、ヘタを取り、鍋に入れ、ホワイトリカーを注ぎいれ、紙の落しぶたをして、弱火で40分煮ます。
  2. 紙の落しぶたをはずし、砂糖を加えて、さらに30~40分弱火でじっくり煮含めます。

冷めたら密閉容器に移して冷蔵庫で保管します。

 

焼酎は芋焼酎、そば焼酎、栗焼酎といろいろありますが、私は癖がないホワイトリカーで作っています。

種があると口ざわりが悪いので、金柑(きんかん)を洗ったあと4~6本縦に切り目を入れて、爪楊枝で種を取ってから煮ています。
モチモチとしておいしいです。

金柑(きんかん)の煮汁は、水やサイダーなどで薄めて氷を浮かべて飲んでもおいしいですし、冬の寒い日は、お湯で割って金柑湯にして飲むと身体が温まります。

また、金柑の甘露煮も煮汁もはお菓子作りに使えますので、結構便利です。



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »