なす(なすび・茄子)のあく抜きと揚げる時の注意


スポンサードリンク
茄子

なす(ナス・なすび・茄子、Eggplant)

なすは品種が多く、小丸ナス、丸ナス、卵型ナス、中長ナス、長ナス、大ナス、米ナス・・・日本の品種だけでも180種類以上あるそうです。

賀茂なす、下田なす、十市なす、博多なす・・・と産地の名前が付いた有名なナスもたくさんあります。

なすは煮たり焼いたり、炒めたり、揚げ物や漬物にも。
なすの味噌汁、美味しいです。
和洋中の料理に使える万能野菜です。

なすのあく抜きの方法をご案内します。

なすの旬

ナスの旬

なすの旬は6~9月、初夏から秋にかけての野菜です。

 

なすのあく抜き

ナスの下ごしらえ

  1. なすのヘタは少しめくって実を切り過ぎないように切り落とします。
  2. 適当な大きさに切ったらすぐに塩少々を加えた水に浸け(浮き上がらないように落し蓋をすると良いです)、アクを抜きます。
    塩水に浸けることで変色防止にもなります。

なすは空気に触れると黒ずむので、料理の直前まで水にさらしてあく抜きをしておきます。

塩水に浸けておくと、炒め物をするときに油を吸いすぎずに仕上がります。
炒めるときは、なすについた水分で油がはねて危険なので、なすの水気をキッチンペーパーなどで取ってから調理してください。

 

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »