ピーマンの下ごしらえ・皮むき


スポンサードリンク
緑ピーマンと赤ピーマン

ピーマン(Peppers)

ピーマンはトウガラシの品種の一つで、赤ピーマンは緑のピーマンを完熟させたものです。
(黄ピーマン・橙ピーマンになることもあります)

パプリカは、カラーピーマンの一種で、ピーマンより大きく肉厚で辛みが無く甘いのが特徴です。
赤色や黄色、橙色が多く出回っています。

ピーマンとパプリカ
ピーマンとパプリカ(小さいほうがピーマン)

ピーマンは、生で食べたり、煮たり焼いたり炒めたり、揚げてたりします。

ちなみにシシトウガラシもピーマンの仲間です。

ピーマンの旬

ピーマンの旬

ピーマンの旬は6~9月、夏野菜です。

 

ピーマンの下ごしらえ

ピーマンは種とヘタを取って料理します。

ピーマンを縦に切る場合

ピーマンを縦に切る

ピーマンを縦に切る場合は、内側の種とヘタを指で剥がすようにして取り除きます。

丸のままピーマンを使うとき

ピーマンを丸のまま使うとき

ピーマンを丸のまま使うときは、ヘタを切り落とし、スプーンで中の種を取り除きます。

 

ピーマンの皮むきの方法

離乳食にピーマンを使うときは、薄皮をむいた方が食べやすいです。

  1. フォークに刺して、ガスコンロの火の上で表面を焦がします。
  2. 焦げたら冷水に漬けて、浮いた皮を剥がします。

 

ピーマンを丸ごと美味しく食べる!

我が家で好評な食べ方です。
(ヘタ以外食べれます。)

  1. ピーマン1個を軽く握って破れを作り(破裂防止のため)、耐熱皿に入れて塩少々とオリーブオイルを1回しかけます。
  2. 1をオーブントースターで軽く焦げ目が付く程度焼くと、種ごと食べれて美味しいです。
    (ヘタは食べません)



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »