銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点


スポンサードリンク
銅鍋

銅鍋は、熱伝導率がすばらしく良い鍋ですが、ちょっと取り扱いが面倒なところがあります。

水分を嫌うので、保管場所には水気のないところに収納してください。

 

銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点

  • 新しい銅鍋を使う時には、野菜のクズを入れたお湯で煮立鍋のアクを抜いてから使います。
  • 銅鍋の中に料理を入れたままにしないでください。
    (緑青発生の原因になります)
  • なるべく早く洗い、しっかり水気を取り、乾燥したところに保管してください。
  • 強火・空焚きは銅鍋を傷める原因になるのでNG!
  • スポンジやふきんはやわらかいものを使い、アルミのたわしや亀の子たわしは鍋に傷がつくので使わないでください。
  • 緑青が出たときは、酢を染み込ませたふきんでこすり取り、水洗いの後、水気をよくふき取り、乾燥した場所で保管してください。

磨き上げた銅鍋はキラキラしてとても綺麗です。
使い込まれた銅鍋も趣があり美しいです。

 


ことこと銅の煮込み鍋 銅製 両手鍋20cm ガラス蓋付 ◆送料無料◆
◆ガス火専用・オーブン対応
◆送料無料
◆ショップ: 純銅製 両手 鍋 日本製 銅鍋 ガス火専用 オーブン対応 煮込み鍋20cm 銅の鍋 生活 暮らし 家庭用品 日用雑貨 節約 キッチンツール 台所用品 セール OFF ショッピング 激安 格安 価格【送料無料】【smtb-TK】

 



関連記事

おすすめ記事

  • 田作り
    田作りの作り方レシピ、電子レンジで簡単!

    「田作り」は田畑の肥料として使われていた事から、別名「五万米(ごまめ)」とも呼ばれています。出来合いが販売されますが、自分でももちろん作れます。五穀豊穣を願って、どうぞ!

  • 高野豆腐
    昆布・干し椎茸などの乾物類は梅雨前に食べてしまおう!

    高温多湿の梅雨時期は、乾物類は湿気を帯びたり、悪くするとカビが生えたりします。なので梅雨前に、昆布、干し椎茸(干しシイタケ)、かんぴょう、高野豆腐、切り干し大根、ひじき、麩(ふ)、鰹節、干し竹の子(干し筍)などの乾物類は料理して使い切ってしまいましょう。

  • 自家製干し椎茸
    干し椎茸の作り方(生椎茸から干し椎茸を作る)

    生椎茸がたくさん手に入ったときや、使い切れなかった生椎茸は、自家製干し椎茸にしませんか?生椎茸は日が経つと裏側が赤く変色して傷んでしまうので、痛む前に干し椎茸にしましょう。生椎茸より天日で干した椎茸は栄養価もぐんとUPするそうです。

  • ブロッコリーを茹でる
    野菜の下ゆでの基本の方法~水から茹でる?熱湯から茹でる?

    「野菜をゆでる」「野菜の下ゆでをする」ときに、「水からゆでる」のか、「熱湯からゆでる」のか?硬い部分と柔らかい部分を均一にゆでるにはどうしたらいいか?ゆでたあと「水に浸す」か、「浸さない」か?迷いませんか?

  • 白菜
    白菜(はくさい)の扱い方

    通年出回っている白菜ですが、冬がギュッと締まって甘みがあって美味しいです。白菜の扱い方です。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »