美味しいステーキの焼き方のコツと手作りのステーキたれの作り方


スポンサードリンク
ステーキ

ステーキをおうちで美味しく焼くコツをご紹介します。

焼く前のポイント3つ。

  • お肉は室温に戻してから焼く。
  • 塩・胡椒は焼く直前にする。
     または、
    焼きながらする。
  • フライパンをよく熱し、オイル(油)を必ず引く。

 

ステーキの焼き方

  1. フライパンをよく熱し、オイル(油)を引いて肉を焼きます。
    焼き色がつくまで強めの中火で焼きます。
  2. 焼き色がついたら裏返して弱火にします。
  3. 表面に肉汁が出てきたらミディアムステーキの出来上がり。
    表面の肉汁の出具合が焼き加減の目安になります。

 

超簡単ステーキのタレの作り方

ステーキのタレは市販品がいろいろ出回っていますが、「我が家の味」を研究してみては?

我が家の「たれ」は超簡単です。
塩、胡椒、しょうゆ、酒で、砂糖・みりんは使いません。
酒1:しょう油2の割合で、肉の枚数で調味料の量は調整してください。

  1. 肉が好みの焼き加減になる直前に、しょうゆ、酒を注ぎいれて一気に強火でガッと煮立てます。
  2. タレが煮立ったらすぐに肉を取り出し、塩コショウを少々振り、タレを程よく煮詰めたら出来上がり!

肉と一緒にスライスしたニンニク(にんにく)を焼けばニンニク風味のタレができます。

この自家製タレに大根おろしとあさつき(ネギの小口切り)を添えれば、和風おろしステーキになります。
和風おろしステーキ

ステーキの上にレモン・バターをのせて自家製タレを添えても美味しいです。
バターレモンステーキ

おいしいステーキを焼いて、自家製たれで召し上がれ!

 



関連記事

おすすめ記事

  • あずき(小豆)
    あずき(小豆)のゆで方、煮方、下ごしらえ

    あずき(小豆)は他の豆に比べると皮が破れて煮崩れしやすいので、ほかの乾燥豆のように一晩水に浸すことなく、いきなり水から茹でます。あずき(小豆)のゆで方・煮方、下ごしらえのご案内です。

  • 七草粥
    七草粥の作り方~土鍋での作り方、炊飯器での作り方

    新春の1月7日の朝に春の七草をお粥にして食べると「邪気を祓い、万病を除く」という言い伝えがあります。七草粥(ななくさがゆ)を土鍋で炊く方法と炊飯器で炊く方法をご案内します。

  • 芋きんとん
    芋きんとんの作り方~安納芋で作る栗なし芋きんとん

    安納芋(さつまいも)で栗なしの「芋きんとん」を作ってみました。クチナシを入れなくても鮮やかな黄金色のきんとんができました。栗の甘露煮のシロップを入れないので自然な甘さですっきりとした味わいです。

  • 緑ピーマンと赤ピーマン
    ピーマンの下ごしらえ・皮むき

    ピーマンはトウガラシの品種の一つで、赤ピーマンは緑のピーマンを完熟させたものです。ピーマンの下ごしらえや皮のむき方と、ヘタ以外は丸ごと食べられる美味しい調理法もぜひ!

  • 黒豆
    黒豆のもどし方・下ごしらえと黒豆の煮方レシピ

    おせち料理に欠かせない黒豆煮をご家庭で作ってみませんか?黒豆(乾燥)の戻し方・下ごしらえと黒豆煮の作り方です。重曹を入れなくても美味しく作れます。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »