芋茎(ずいき)のあく抜きと芋がらのあく抜きと戻し方

芋がら
スポンサードリンク

芋茎(ずいき)は、サトイモやハスイモなどの葉茎です。

芋がらは、芋茎(ずいき)の皮を剥いて乾燥させたものです。
干しずいき(干し芋茎)、割菜(わりな)とも呼ばれています。

芋茎(ずいき)はあくを抜いてから調理します。
芋がらは、水で戻してから調理します。

煮物、和え物、酢の物などに。

 

ちなみに芋づるは、さつまいもの茎です。

 

芋茎(ずいき)の旬

ずいきの旬

生のずいきは夏の野菜です。
旬は初夏から夏にかけてです。

収穫した芋茎(ずいき)を乾燥させて芋がらにして保存食にします。

 

芋茎(ずいき):生で用いる場合

ずいきのあく抜き

  1. 鍋に入る大きさに切ります。
  2. 鍋にたっぷり湯を煮立て、食塩を1つまみ入れ、芋茎を入れて茹でます。
  3. さっと茹で上げ、冷水に入れて皮を剥きます。
  4. 料理に合わせた長さに切り、料理します。

 

芋がら(干しずいき):あく抜きと戻し方

芋がらの戻し方とあく抜き

  1. 芋がら(干しずいき)をたっぷりの水に20分ほど浸けて、もみ洗いをします。
  2. 鍋にたっぷりの水と芋がら(干しずいき)を入れて火にかけ、沸騰したら3分ほどゆで、冷水にとって洗います。
  3. 水気をギュッと絞り、食べやすい長さに切り、料理します。

アク抜きしっかりしないとエグミで口の中がイガイガします。

スポンサードリンク

関連記事

2020年お正月料理・おせち料理特集

おすすめ記事

  • 乾燥ひじき
    乾燥ひじきの戻し方と水に浸ける時間

    ひじきには、「生ひじき」と「乾燥ひじき」があり、 乾燥ひじきには、「長ひじき」と、「芽ひじき」があります。乾燥ひじきの戻し方と、戻し時間について、です。

  • 雑炊
    鍋のシメの雑炊をサラッとおいしく作るコツ

    雑炊を作るとご飯がベタベタになりませんか?せっかくおいしいダシで雑炊を作ってもベタベタしていてはおいしくないです。長く煮過ぎないのも大切ですが、他にもコツがいくつかあります。

  • 銅鍋
    銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点

    銅鍋は水気を嫌うなど取り扱いに気を付ける点がいくつかあります。銅鍋の使い方、取り扱い方についてご説明します。

  • おはぎ
    おはぎ・ぼたもちの作り方~おはぎとぼたもちの違い

    おはぎ(お萩)とぼたもち(牡丹餅)はよく似ています。どちらも突いたもち米にあんこ(粒あん・こしあん)をくるんだ和菓子です。おはぎ・ぼたもちを作ってみませんか?

  • 冷素麺
    そうめんのおいしいゆで方、もみ洗いは冷めてから

    そうめん(素麺)のおいしいゆで方です。鍋は大きなもの、お湯はたっぷり用意し、氷水を準備しておきます。そうめんはすぐに火が通り、伸びるのも早いので手早くします。そうめんのゆで方、ゆで時間、気をつけるポイントをご案内します。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。


たまごの事典たまごの事典
~たまご料理の基本レシピとコツ~

知っているようで知らないタマゴの事。
卵料理の用語説明や基本の卵料理など、美味しいタマゴ料理のための知恵がいっぱい!


梅のあれこれノート

小梅のカリカリ醤油漬け、梅干し、白梅干し、梅酒、梅味噌ドレッシングなどの梅レシピや梅を使った美容と健康法、梅のお菓子などあれこれ紹介しています。

ページ上部へ戻る
Translate »