干したけのこの戻し方~水で戻す、熱湯で戻す


スポンサードリンク
ゆで筍

干したけのこは、主に九州地方に昔からある保存食で、生のたけのこを茹でた後に、天日干しにしてカラカラに乾燥させたものです。

栄養価の高い食品で、特に食物繊維が多く含まれており、胃腸の働きを良くしてくれます。

生たけのことは違う食感でがめ煮(筑前煮)などの煮物や、炒め物、中華料理などにすると美味しいです。

メンマは、干し竹の子を戻して細切りにしたもので作ります。

干したけのこの旬

たけのこの旬

たけのこ旬の時期(3~5月)に、保存食として作っておけば1年間おいしく食べれます。

干したけのこの作り方

  1. あく抜き済みの竹の子を適当な大きさにカットし、薄くスライスしてザルに重ならないよう並べます。
  2. 天日でカラカラになるまで、しっかり乾燥させれば出来上がり。

 

干したけのこの戻し方

水でじっくり戻す方法と熱湯を使って戻す方法をご紹介します。

熱湯を使う場

  1. 干したけのこを軽く水洗いして、大きめの鍋に入れ、熱湯をたっぷり注ぎ、フタをして冷めるまで置きます。
  2. その後鍋を火にかけ30分ほど煮ます。
  3. 鍋を火からおろし、そのまま冷まします。
    乾燥していた時の2~3倍位の大きさになり、柔らかくなります。
  4. よく洗って料理してください。

水で戻す場合

  1. 干したけのこの表面をさっと洗い、たっぷりの水に浸けます。
  2. しっかり乾燥していますので、じっくり一晩かけます。
    途中、何度か新しい水に変えます。
    指でつまんで芯がない感じになったらOKです。
  3. 新しい水で茹でてゆで汁のまま冷まします。

 


【九州/大分県産産】干したけのこ 45g




関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »