枝豆のうぶ毛の取り方、おいしい茹で方


スポンサードリンク
枝豆

枝豆(えだまめ)

夏!ビールのおつまみにぴったりです。
ほかに、サラダや和え物、煮物などに。

枝豆の旬

枝豆の旬

枝豆(えだまめ)は、大豆が未成熟で青いうちに収穫した豆のことです。

枝豆の旬は6~9月、夏野菜です。

 

「塩ゆで枝豆」の口当たりが良くなるコツ!

枝豆のうぶ毛

枝豆の鞘全体についている「うぶ毛」を茹でる前に取り除いておくと、口当たりが良くなります。

この「うぶ毛」、水洗いだけでは、なかなか取れません。

 

「塩ゆで枝豆」の下処理(下ごしらえ)


常滑焼 すり鉢 10号

  1. 大きなすり鉢に、洗って水切りをした枝豆を入れ、やや多めに塩をふります。
  2. 枝豆をすり鉢の溝にこすりつけるようにしながら5分ほど力を入れてもんで鞘についている「うぶ毛」を取ります。

塩は付けたままゆでます(枝豆のゆで方へ↓)。

大きなすり鉢がなければボウルで代用してください。
でも、すり鉢の凹凸がいいんですけど・・・。

すり鉢に入れる前に鞘の両端をハサミで切っておくと、鞘の中の豆に塩気がほどよく染みて、美味しく茹で上がります。
枝豆の茹で方のコツ

 

枝豆のゆで方

枝豆の茹で方

  1. たっぷりの湯を沸騰させ、「うぶ毛」取りをした塩が付いたままの枝豆を入れます。
    ゆで加減は・・・
    枝豆は、ゆで上がり時間がわりと早いので、ゆで過ぎになりやすいので気をつけます。
    途中何度か食べてみてゆで加減を確認しながらゆでたほうがいいです。
    熱いので口を火傷しないように気をつけてください。
  2. ゆで上がった枝豆はザルに広げて全体に塩を軽くまぶし冷やします。
    冷やし方は、
    ザルに広げた枝豆を冷水にさっとくぐらせ「あら熱」を取る。
     または、
    ザルに広げた枝豆をうちわであおぎ「あら熱」を取る。

    冷やし方で、ゆであがりの色、歯ごたえ、風味が決まります。
    水を使わないほうが、水っぽくなくていいですが、うちわであおぐときは余熱でゆで過ぎにならないようにします。

食べてみて塩味が足りないときは、パラパラと塩を振りかけて調整してください。

すぐ食べても、冷蔵庫で冷やして食べても! お好みでどうぞ。
ゆで枝豆



関連記事

おすすめ記事

  • 芋きんとん
    芋きんとんの作り方~安納芋で作る栗なし芋きんとん

    安納芋(さつまいも)で栗なしの「芋きんとん」を作ってみました。クチナシを入れなくても鮮やかな黄金色のきんとんができました。栗の甘露煮のシロップを入れないので自然な甘さですっきりとした味わいです。

  • 味噌汁の具と味噌
    味噌が先?具が先?味噌汁の具と味噌を入れるタイミング

    味噌は、ボコボコ煮立てたり、長時間煮すぎてはまずくなるので、具を入れるタイミングは具材によって違います。味噌が先か、具が先か、根菜類、葉物・・・タイミングはこの記事でどうぞ!

  • 酢豚
    酢豚の作り方とコツ

    酢豚の作り方とコツです。学校家庭科の調理実習プリント(相当古いです)からご紹介します。

  • 青梅と完熟梅
    梅味噌ドレッシングの分量と作り方

    さわやかな梅の香りがする梅味噌ドレッシングを作ってみませんか?青梅でも黄色に色づいた完熟梅でも作れます。味噌の種類は、麦味噌、米味噌、あわせ味噌どれでもいいですし、ブレンドしてもOK!

  • 切り干し大根
    切り干し大根の戻し方、戻し時間

    切り干し大根(切干大根)は、大根を細く切って、天日で干したものです。切干大根の戻し方と戻し時間です。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »