絹さや・さやえんどうの下処理~ガクとスジの取り方と下ゆで


スポンサードリンク
絹さや・さやえんどう

絹さや(絹莢)・さやえんどう(莢豌豆)

えんどう豆の、豆が大きくなる前に収穫し、サヤごと食べるのが「さやえんどう」(絹さや)で、育った若い実を食べるのが「グリーンピース」(実えんどう)です。

グリーンピース
グリーンピース(実えんどう)↑

 

グリンピースをサヤごと食べられるよう品種改良されたものが「スナップエンドウ」です。

スナップエンドウ
スナップエンドウ↑

 

絹さや・さやえんどうの旬

絹さや・さやえんどうの旬

さやえんどう・絹さやの旬は2~6月。
春野菜です。

 

絹さや・さやえんどうの下ごしらえ

絹さや・さやえんどうに付いているガクや筋は口当たりが悪いので調理前に取っておきます。

火を通したあとに筋取りをしようとすると、バラバラになるので必ず火を通す前にします。

絹さや・さやえんどうは火を通しすぎると色も悪く、歯ごたえ、味も悪くなるので下ゆでをさっとしてから使います。

煮物などで味付けをするときは、下ゆでをして、煮汁をさっとに通すような感じでします。

絹さや・さやえんどうのガクと筋取りの方法

絹さや・さやえんどうの筋取り

絹さや・さやえんどうは、ガクの部分を折って引いて、縁にある筋を取ります。

反対側も同じ方向に筋を引き、取ります。

絹さや・さやえんどうの下ゆでの方法

ガクと筋を取った絹さや・さやえんどうを、熱湯に塩少々を入れて茹で、冷水にさらして色止めをします。

ザルにあげて水気を切ります。

ゆですぎると歯ごたえがなくなるので、茹ですぎないようにします。
ちょっと硬いかな?くらいでOKです。

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »