あずき(小豆)のゆで方、煮方、下ごしらえ


スポンサードリンク
あずき(小豆)

あずき(小豆、azuki bean)
和菓子業界では「しょうず」とも呼ぶそうです。

あずき(小豆)の収穫は秋ですが、美味しくなるのは正月頃です。

粒あん、こしあん、おはぎ、ぜんざい、おしるこ、赤飯、小豆粥に。
かぼちゃと一緒に煮て「いとこ煮」にしても。

あずき(小豆)の下ごしらえ

あずきのゆで方

あずきは他の豆に比べると皮が破れて煮崩れしやすいので、ほかの乾燥豆のように一晩水に浸すことなく、いきなり水から茹でます。

あずきは鉄鍋で料理しないでください。
黒くなってしまいます。

 

あずき(小豆)のゆで方・煮方

  1. あずきをたっぷりの水で洗い、ザルにあげます。
  2. 鍋に洗ったあずきを入れ、水をあずきの5~6倍入れ、4~5分強火で煮立てたら一度火からおろして煮汁を流し(ゆでこぼし)、あずきを水で洗います。
    途中で洗うのは、あずき特有の渋みを取るためです。
  3. 新しく分量の水(料理によって違います)を加えて4~5分強火で煮立てたら、蓋をして中火で煮ます。
    アクが出てきたらお玉ですくいます。
    途中、煮汁が減ってきたら豆がかぶる程度に水を加え、やわらかくなるまで煮ます。

 

◆砂糖を入れる場合◆

砂糖を入れるタイミングは、あずきが柔らかくなってからです。

  • お汁粉(おしるこ)、ぜんざい用は、煮上がった豆と煮汁にお好みの量の砂糖を3回位に分けて入れて煮ます。

  • 粒あんを作るときは、汁気がなくなってから砂糖を入れ、木じゃくしで潰していき、最後に塩を少々入れて味を引き締めます。
    冷めるとかたくなるので、希望のかたさより少しゆるめで火を止めるようにします。



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »