昆布・干し椎茸などの乾物類は梅雨前に食べてしまおう!


スポンサードリンク
高野豆腐

高温多湿の梅雨時期は、乾物類は湿気を帯びたり、悪くするとカビが生えたりします。

なので梅雨前に、昆布、干し椎茸(干しシイタケ)、かんぴょう、高野豆腐、切り干し大根、ひじき、麩(ふ)、鰹節(かつおの削り節)、干し竹の子(干し筍)などの乾物類は料理して使い切ってしまいましょう。

昆布や干し椎茸は、天気がいい日に天日干しするのもいいです。
そして乾燥剤を入れた密封ビンに入れて保存します。

昆布、干し椎茸(干しシイタケ)、鰹節(かつおの削り節)でおいしい「だし」をとり、かんぴょう、高野豆腐、麩(ふ)、干し竹の子にニンジンや里芋、ごぼうなどと一緒に煮ると、栄養満点のおいしい煮物ができ上がり!

せっかく買った食材ですので、無駄なくおいしくいただきましょう!

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »