里芋の下ごしらえとヌメリの取り方、手のかゆみ対策


スポンサードリンク

里いも

里芋(里いも、サトイモ)

里芋を扱っていると、手がかゆくなることがあります。
里芋は手に塩をつけてから扱うと手が痒くなるのを防ぐことができます。

里芋は煮物が美味しいですが、煮る時は吹きこぼれに注意!です。

煮物、ぶた汁、おでん、

里芋の旬

里いもの旬

里芋の旬は、9月~1月。

秋~冬野菜です。

 

里芋の下ごしらえ

泥付きのものは、流水で泥をこすり落として洗って、ザルにあげて乾かしてから皮をむくと、手が痒かゆくなりにくいです。

アクが少ないものなら、よく洗って皮ごとゆでてから皮をむく方が水っぽさが少なく、美味しくなります。

 

里芋のぬめり

里いものヌメリ取り

里芋のぬめりには栄養成分が含まれているので、あまり取り除かないようにします。

里芋のぬめりの取り方

その1)
ボウルに皮をむいた里いもと塩を入れ、手にポリ袋をかぶせて里いもをもみます。
ぬめりが出たら水洗いします。

その2)
下ゆでをしてぬめりを取ります。
皮をむいた里芋をひたひたの水で強火にかけて、ブクブクと泡が立つまで煮立てます。
ザルにあげ、流水でぬめりを洗い落とします。

その3)
下ゆでの時、米のとぎ汁ゆでるとアクも取れます。
里芋を入れた鍋に米のとぎ汁を入れて沸騰させます。
沸騰した状態で5分ゆで、水にさらして米ぬかの臭いを取ります。

 

ぬめりを取ったあと、料理に合わせて切ります。

 

里芋で手がかゆいときは?

里いもで手がかゆいとき

里芋を扱っていると、手がかゆくなることがありませんか?

そんなときは、

  • 指の間に塩をつける。
      又は、
  • 手を酢水につける。

・・・でかゆみを撃退してください。

 



関連記事

おすすめ記事

  • 白菜
    白菜(はくさい)の扱い方

    通年出回っている白菜ですが、冬がギュッと締まって甘みがあって美味しいです。白菜の扱い方です。

  • 自家製干し椎茸
    干し椎茸の作り方(生椎茸から干し椎茸を作る)

    生椎茸がたくさん手に入ったときや、使い切れなかった生椎茸は、自家製干し椎茸にしませんか?生椎茸は日が経つと裏側が赤く変色して傷んでしまうので、痛む前に干し椎茸にしましょう。生椎茸より天日で干した椎茸は栄養価もぐんとUPするそうです。

  • 粥
    お粥の種類と水加減と土鍋でのお粥の炊き方

    お粥は水加減によって一分粥粥、三分粥、五分粥、七部粥、全粥、と呼び名(種類)が違います。お粥の水の分量、土鍋での炊くお粥の作り方をご紹介します。

  • きくらげ
    きくらげ~乾燥きくらげの戻し方

    コリコリとした食感が美味しいきくらげ。 漢字では「木耳」と書きます。 きくら…

  • 高野豆腐
    昆布・干し椎茸などの乾物類は梅雨前に食べてしまおう!

    高温多湿の梅雨時期は、乾物類は湿気を帯びたり、悪くするとカビが生えたりします。なので梅雨前に、昆布、干し椎茸(干しシイタケ)、かんぴょう、高野豆腐、切り干し大根、ひじき、麩(ふ)、鰹節、干し竹の子(干し筍)などの乾物類は料理して使い切ってしまいましょう。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。


たまごの事典たまごの事典
~たまご料理の基本レシピとコツ~

知っているようで知らないタマゴの事。
卵料理の用語説明や基本の卵料理など、美味しいタマゴ料理のための知恵がいっぱい!


梅のあれこれノート

小梅のカリカリ醤油漬け、梅干し、白梅干し、梅酒、梅味噌ドレッシングなどの梅レシピや梅を使った美容と健康法、梅のお菓子などあれこれ紹介しています。

ページ上部へ戻る
Translate »