慈姑(くわい)の下ごしらえ(あく抜き)と慈姑の含め煮の作り方


スポンサードリンク
慈姑(くわい)

慈姑(クワイ、くわい)

お正月のおせち料理に入っている縁起物の料理「慈姑の含め煮」。
大きな芽が出るので「めでたい」、たくさんの小芋ができるので「子孫繁栄」。
そして、慈姑の花言葉「縁起がいい!」

慈姑の旬

慈姑(クワイ)の旬は11~12月、冬野菜です。

 

慈姑の下ごしらえ

クワイの下ごしらえ

  1. 慈姑は、底の方を少し切り落とし、下から六方に皮をむきあげていき、芽を少し残して斜めに切り、すぐ水に浸けます。
    芽が折れやすいの気を付けて下さい。
  2. アク抜きをします。
    アク抜きは「水でゆでてアク抜き」、又は「米のとぎ汁でゆでてアク抜き」の方法があります。
    ゆで具合いは、竹串がやっと通るくらいの固さです。

    A「水でゆでてアク抜き」
    鍋に1の慈姑を入れ、かぶるくらいの水を入れてゆでます。
    この時くちなしの実1個を2~3に切ってガーゼに入れてゆでるときれいな黄色になります。
    一度鍋の湯をゆでこぼして、慈姑をもう一度水洗いしてなべに戻します。

    B.「米のとぎ汁でゆでてアク抜き」
    鍋に1の慈姑を入れ、米のとぎ汁をかぶるくらいに入れてゆでます。
    一度鍋の湯をゆでこぼして、慈姑をもう一度水洗いしてなべに戻します。

含め煮にする場合は、だしと調味料を入れ、紙ぶたをして中火で10~12分間ほどほっこりと煮ます。

 

慈姑(くわい)の含め煮の作り方

慈姑の含め煮

慈姑の含め煮の材料 

○ 慈姑(くわい) 10個くらい
(くちなしの実1個)

○煮汁
・だし 1カップ
・酒 大さじ1/2
・砂糖 大さじ1
・みりん大さじ1
・薄口しょうゆ 大さじ1/2
・塩 少々

慈姑の含め煮の作り方

  1. 慈姑(くわい)は、底の方を少し切り落とし、下から六方に皮をむきあげていき、芽を少し残して斜めに切り、すぐに水につけます。
  2. あく抜きをします。
    鍋に、慈姑(くわい)を入れ、かぶるくらいの水を入れ、ゆでます。
    (きれいな黄色に仕上げるなら、くちなしの実1個を2~3に切ってガーゼで包んで一緒にゆでる)

    竹串がやっと通るくらいの固さにゆでます。

  3. 味付けは薄味で、鍋に、煮汁の材料を煮立て、慈姑(くわい)を入れたらガーゼやキッチンペーパーなどで落し蓋をして、弱火で15~20分ほど形を崩さないように煮ます。

しょうゆは薄口しょうゆで作ると黒くならなず綺麗な色に仕上がります。

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »