かぶ(蕪)の下ごしらえに下ゆでは必要?葉も食べられます


スポンサードリンク
かぶ(蕪)

かぶ、turnip)
かぶ(蕪)は別名で「かぶら」「すずな」とも呼ばれ、春の七草のひとつです。

生でサラダにしたり、煮物、漬け物、味噌汁の具などにどうぞ。

葉つきのものは、葉も食べられます。
さっとゆでて、お浸しや和物に。

かぶの旬

かぶ(蕪)の旬

かぶは四季を通じて出回ってますが、1年を通して2回旬が訪れます。

1回目は春(4~5月)で、肉質が柔らかいのが特徴です。

2回目は晩春から初冬にかけて(9月~12月)で、甘みのある味わいが特徴です。

 

かぶの下ごしらえ

かぶ(蕪)の皮むき

かぶは他の根菜と比べてアクがなく、果肉が柔らかいので、下ゆでの必要はありません。

かぶの葉は根元から切り落とし、本体の皮を厚めに剥きます。

茎の部分に土が残っているときは、爪楊枝などを使って掻き出し、よく洗い落とします。

 

かぶは煮込むと煮くずれやすいので煮過ぎないようにします。

赤いかぶ(赤かぶ)もあります。
赤かぶ

 

かぶの葉の下ごしらえ

カブの葉の下ごしらえ

かぶの葉には栄養が豊富なので捨てるのはもったいないです。

よく洗ったカブの葉をざく切りにして炒め物にしたり、漬物にすると美味しいです。

かぶの葉を熱湯でサッとゆで、水に浸してアク抜きをしてよく水気を絞り、適当な長さに切って、和物やおひたし、味噌汁やスープの具に。

菜飯にしてもいいですね!

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »