米のとぎ汁の活用法~竹の子や里芋のあく抜き・大根の下ゆで


スポンサードリンク
米のとぎ汁

米のとぎ汁の活用法についてです、

皮付き筍(竹の子・たけのこ)のあく抜きに「米ぬか」を使いますが、「米ぬか」がないときは、米のとぎ汁で代用できます。
竹の子・筍のアク抜き(水煮)・下ごしらえ

野菜のあく抜きは米のとぎ汁でゆでると効果的です。
◆里芋の場合
米のとぎ汁で里芋の下ゆですると、ぬめりがあまり出ません。

◆大根の場合
大根は、米のとぎ汁で下ゆでしてから煮ると、甘みが増しておいしくなります。
おでん、ふろふき大根などの煮物のときに米のとぎ汁で下ゆですると良いです。

米のとぎ汁は、1回目は米の汚れがついているので、2回目以降のとぎ汁を使ってくださいね。

米のとぎ汁は、鉢植えやプランター、庭などの水遣りに使うと、とっても良い肥料になります。

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »