梅ジュース(梅シロップ)の作り方


スポンサードリンク
梅ジュース

青梅のエキスが溶け出した健康ジュース!
梅ジュース梅シロップ)は、大人も子供も安心して飲めます。

梅ジュース用に青梅を用意してもいいですし、梅酒や梅干しを作るとき使えなかった梅(ちょっと傷がある梅)を使って作ってもいいです。

とっても簡単にできます。

 

青梅か完熟梅?

青梅か完熟梅か

熟した梅で作るとまろやか風味の梅ジュースになります。
硬い青梅、熟した梅、どちらでもお好みでどうぞ!

砂糖は氷砂糖、白砂糖、ザラメ、ハチミツで作れます。
砂糖の場合、一般的には氷砂糖で作りますが、白砂糖はすっきりとした仕上がりに、ザラメはコクが出ます。

蜂蜜はやさしい甘さです。

「砂糖で作る方法」と「蜂蜜で作る方法」をご紹介しますので青梅、完熟梅、氷砂糖、白砂糖、ザラメ、ハチミツ、お好みの組み合わせで作ってください。
尚、「蜂蜜で作った梅ジュース」は乳幼児に与えないでください。

 

砂糖で作る梅ジュース

氷砂糖で作る梅シロップ

材料

  • 青梅(又は完熟梅)  1㎏
  • 氷砂糖 1㎏  
    青梅と氷砂糖の割合は 1:1  
    なので、1㎏にこだわらず好きな量で作ってみてください。
    砂糖は白砂糖、ザラメでもOK!

・殺菌済みのビン

 

作り方

  1. 青梅をよく水洗いして、たっぷりの水に2~3時間漬けてアク抜きをします。
  2. 水気をよくふき取り、爪楊枝などでヘタを取ります。
    梅のヘタ取り
  3. 冷凍庫に入れて一晩凍らせます。
    (エキスが出やすくなります)
  4. 凍ったままの梅と氷砂糖を交互にビンに入れていきます。
    1番最後に入れるのは砂糖。
  5. 容器にふたをして密閉し、冷暗所に置きます。
    (揺すりすぎると発酵してしまうので注意!)
    氷砂糖が溶け、果汁が出てきます。
  6. 冷蔵庫に入れて保管します。
    1ヶ月後くらいから飲めます。

 

蜂蜜で作る梅ジュース

蜂蜜で作る梅ジュース

市販の甘味料入りのジュースではなく、梅と蜂蜜で作った栄養たっぷりの梅ジュースをぜひお子さんに!

蜂蜜を使っていますので乳幼児には飲ませないでください。

材料

 ・基本の分量(割合)
 梅100g に対し 蜂蜜100ml
 梅は青梅・完熟梅お好みで

・保存用瓶

作り方

  1. 密閉ビンを清潔に洗って乾かします。
  2. 青梅を洗い、たっぷりの水に2~3時間つけてアク抜きをします。
  3. 梅をザルに上げ、乾いた布で1個1個丁寧に拭き、ヘタをはずし、梅を爪楊枝などで何箇所かさして穴を開け、エキスを出しやすくします。
  4. 密閉ビンに梅を入れ、次に蜂蜜を梅が完全にかぶさるまで注ぎ入れ、ふたをします。
  • 冷暗所に置きますが、冷暗所が無い場合は、冷蔵庫に入れてください。
    高温になるところに置くと醗酵してしまいます(梅酒?)
  • 時々上下ゆすって全体をなじませます。
    (ゆすりすぎても、醗酵してしまうので注意)

 

梅ジュース(梅シロップ)が飲めるのは

1ヶ月後~夏ごろから飲み頃です。
(冷蔵庫の場合は、もう少し日数がかかります)

梅ジュースはこのままだと濃いので、5~6倍に薄めて、氷を浮かべるとおいしいです。

炭酸で割ってもおいしいですよ!

カキ氷のシロップにしてもいいかも?

梅ジュースは、きちんと保存しておけば1年くらいおいしく飲めます。
加熱殺菌をしておくと安心です。

◆加熱殺菌の仕方
梅の実を取り出し、(梅ジャムを作ると無駄がないよ!)出来上がった梅ジュースを80度位で15分間加熱殺菌して、よく冷まし冷蔵庫で保存します。
(私は加熱殺菌せずに、梅の実を入れたまま冷蔵庫で保管しています)

 

梅の実の利用法

梅ジュースの梅

エキスが出てしまった梅はシワシワになります。

梅の実は取り出して梅ジャムを作ると無駄がないです。
梅ジャムは、梅をおろし金ですりおろして、砂糖と一緒に煮詰めるとできます。

梅の実は、お菓子に使ったりしています。

 

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »