塊のハムやベーコン、ソーセージの保存には切り口に酢


スポンサードリンク
ハム

お中元やお歳暮で塊のハムなどを頂くことがあるかと思います。

塊のハム、美味しいです。

ですが、塊のハムやベーコン、ソーセージなどは、一回で食べきることはあまりないかと思います。

 

切り口に酢お塗って殺菌

残ってしまった塊のハムやベーコン、ソーセージなどの切り口の面に、を塗って、ラップで包んで冷蔵庫に入れておくといいです。

には殺菌作用があり、保存性を高める効果があるので安心です。
味も落ちません。

2~3日で食べきってください。

ですが、酢の力を過信してはダメです。

 

 

小分けにして冷凍庫で保存する

塊のハム・ベーコン・ソーセージなどは封を開けたら適当な大きさに切って、小分けして、その日食べなかった分はラップで包んで冷凍したほうが良いでしょう。

ラップをするときは1回分ずつ空気が入らないように包みます。

食べるときは冷蔵庫で自然解凍します。

冷凍したハム類は1ヶ月くらいで食べきってしまいましょう。

 

ラップ以外でしたら冷凍専用袋や真空パック容器がおすすめです。

ちなみに、ポリエチレン製のジッパー付き保存袋は空気を通しますので不向きです。

 

開封したら早く食べきりましょう

ハム・ソーセージ・ベーコン類は、「塊」でも「スライス」したものでも、少しでも以下の状態の時は傷んでいます。

  • 変なニオイがする
  • 変色して色が悪くなっている
  • ヌルヌルしている
  • 糸を引いている

こんな場合は、傷んで(腐って)しまっているので絶対に食べないでください。

 



関連記事

おすすめ記事

  • 茹でたあとの生わかめ
    塩わかめ・乾燥わかめの戻し方と生わかめの茹で方

    塩蔵わかめ(塩わかめ)・乾燥わかめは、水に漬けて塩抜きあるいは戻してから料理します。生わかめの下ごしらえ、塩わかめ・乾燥わかめのもどし方をご説明します。

  • 雑煮の作り方
    博多風雑煮の作り方~かつお菜を添えて

    我が家の「いりこ・昆布・干し椎茸・かつお節・鶏肉」のダシで作る博多風雑煮をご紹介します。かつお菜を添えて。

  • 梅酒
    自家製梅酒の作り方

    梅酒の作り方 自家製の梅酒は市販のものと違ったおいしさがあります。 飲むだけ…

  • 玉レタス
    レタスの洗い方・扱い方

    レタスは大きく分けて「玉レタス」と「葉レタス(リーフレタス)」とあります。レタスの洗い方や切り方などの下ごしらえの方法をご案内します。

  • 冷素麺
    そうめんのおいしいゆで方、もみ洗いは冷めてから

    そうめん(素麺)のおいしいゆで方です。鍋は大きなもの、お湯はたっぷり用意し、氷水を準備しておきます。そうめんはすぐに火が通り、伸びるのも早いので手早くします。そうめんのゆで方、ゆで時間、気をつけるポイントをご案内します。

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »