ブロッコリーのゆで方、水にさらす?さらさない?茎は食べる?


スポンサードリンク
ブロッコリー

ブロッコリー(Broccoli)
和名はメハナヤサイ(芽花野菜、芽花椰菜)、ミドリハナヤサイ(緑花野菜、緑花椰菜)

鮮度が落ちやすく、あまり保存はきかないので購入したら早めに料理してください。

太い茎の部分は皮を厚くむいて、ゆでたり炒めたりするとおいしく食べられますので捨てないでください。

サラダ、和え物、炒め物などや蒸し物に。

ブロッコリーは捨てるところの少ない野菜です。
無駄なく食べれる下ごしらえの方法をご説明します。

ブロッコリーの旬

ブロッコリーの旬

ブロッコリーの旬は11~2月、冬野菜です。

 

ブロッコリーのゆで方

ブロッコリーにゆで方

つぼみを茹ですぎないようにするのが美味しくゆでるコツです。

  1. ブロッコリーを水で洗い、太い茎の部分と房を切り離します。
    ブロッコリーを切る
    太い茎は皮をむき、適当な大きさに切ります。
    つぼみの部分は、房の根元に包丁を入れ、小房に分けます。
    ブロコリーを小房に分ける
    房についたゴミや虫を取り除くために、ボウルに水を張って、浸します。
  2. 沸騰した湯に塩少々を入れて、茎の方から湯に入れ、ひと呼吸したら房を入れ、色よくゆでます。
  3. ゆで上がったら、ザルにあげ水気を切り、冷まします。

ほうれん草のなどのようにゆで上がったあと冷水に浸すと水っぽくなるので、ブロッコリーは水に浸しません。

→→野菜の下ゆでの基本・根水菜湯

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »