椎茸(生椎茸)の汚れの取り方、洗う?洗わない?軸は食べられる!


スポンサードリンク
椎茸

シイタケ・生シイタケ(椎茸生椎茸、Shiitake)

素焼き、煮物、汁物、鍋物、揚げ物、炊き込みご飯に。
炒めて和洋中の料理にも。

生しいたけやマッシュールーム・松茸などのきのこ類はかさの裏側にうまみがあります。
きのこは水洗いをしたら、水と一緒にうまみも流されてしまいます。
なので、水洗いはせずに、堅く絞ったぬれ布巾で、きのこはかさの上の汚れを取る程度にふきとればOKです。

生しいたけは、天日干しをすると栄養がUPするそうなので、天気の良い日には陽に当てるといいですね。

 

椎茸の旬

椎茸の旬

椎茸の旬は3~5月、9~11月の春と秋です。

 

生椎茸の下処理(下ごしらえ)

生椎茸の下ごしらえ

  1. 生椎茸は水洗いをすると水っぽくなり、うま味も失うので、全体を固く絞った布巾で軽く汚れを拭き取ります。
    笠の裏の汚れは表から箸で軽く叩いて落とします。
  2. 笠と軸を離し(軸を軽くひねりながら引く)、石づき(軸の固い部分)を包丁で切り落とします。
    (石づきは切り落とし済みのものもあります。)
    椎茸の石づき

軸は食べられますので捨てずに、縦に細く切って使います。

「干し椎茸のもどし方は」こちら

生椎茸が余った時は
 ↓ ↓
干し椎茸を作ろう!

 

 



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »