水加減~ひたひた・かぶるくらい・たっぷり~違いと目安


スポンサードリンク
水加減

水加減は、鍋やボウルなどに材料を平らに入れ、水を注いだときの状態の水の分量を表しています。

上の写真の水加減は「たっぷり」です。

ひたひた

材料の頭が、水の表面から少し出るか出ないかくらいの水分量です。

 

かぶるくらい

材料全体が、水につかるくらいの水分量で、材料の頭は自らでない状態です。

 

たっぷり

材料が全て水につかり、さらに水を加えた状態。

煮物の下ゆでや、パスタをゆでる時などは多めの水を用意します。
「たっぷりの水を鍋に入れ・・・・」というように書かれていますね!

 

お米を炊くときの水加減はこちら



関連記事

おすすめ記事

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

知恵袋等に記事をご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ページ上部へ戻る
Translate »